こんにちは、オンライン英会話ENC/GNAスタッフです。

先月、Raymond先生が初めての”Rakugo”体験をしてきたそうです。

室町時代末期から安土桃山時代にかけて、戦国大名のそばに仕えて話の相手をしたり、世情を伝えたりする「御伽衆」と呼ばれる人たちから始まり、江戸時代には成立したと言われる「落語」。

衣装や舞台装置などを極力使わず、演者の技巧と聴き手の想像力で噺の世界が広がっていく、長く庶民に親しまれてきた日本の伝統芸能です。

滑稽な「落とし噺」をはじめ、現在では人情噺・芝居噺・怪談噺などさまざまな演目があるそうです。

そんな日本の落語を英語で演じる”Rakugo”をはじめた桂かい枝さんご一行の寄せが、Japan FoundationとANAの協力で行われ、ダバオのマルコポーロホテルにもやってきたのでした。

https://www.ana-campaign.com/anayose2019/

Raymond先生は初めて聴く、観る”Rakugo”がとても楽しかったそうで、

The RAKUGO was in English – very interesting!

と連絡をくれたほどです☆ミ

英語落語 フィリピン ダバオ

桂かい枝さんは、「面白味がなく、愛想笑いのworkaholic」という日本人のイメージを払拭したい!
日本には落語という400年の歴史を持つ、世界に唯一のスタイルの、すごい笑いの芸能があると世界に知らしめたい!
世界の人たちを笑わせたい!日本人のイメージを変えたい!と、英語落語”Rakugo”をスタート。

今では日本国内での寄せはもちろんのこと、”Rakugo”公演で世界中をまわっていらっしゃいます。

桂かい枝さんと英語落語のお話は、中学英語の教科書にも掲載されていますので、もしかしたら若い世代の方の方がお詳しいかもしれませんね♪
英語落語のさわりも読めるHPをのぞいてみるととっても面白いですよ☆

Rakugo in English ~日本の笑いを世界へ!~
(ちなみにEnglishバージョンにも切り替えられます☆)
http://eigo-rakugo.com/index.html

英語落語 フィリピン

Raymond先生が聴いてきた寄せには桂かい枝さんをはじめ、
カナダはウィニペグ出身で日本やラスベガス、サンフランシスコ、ホノルル等で世界中で”Rakugo”を演じる桂福龍さんや、

寄席の世界を描いた朝ドラNHK連続テレビ小説『わろてんか』の「後ろ面の踊り」等の演芸指導を担当されていた有名噺家、林家笑丸さん、

木下サーカス退団後ソロパフォーマーとしてB’zのPV出演やももいろクローバーZ 5大ドームツアー パフォーマー出演など引く手あまたの暁あんこさん、

古典落語から創作落語、オリジナルストーリーの英語落語も手掛け、世界を股にかけてご活躍中の桂あさ吉さんなど、そうそうたる面々が揃っていたのだとか。

とってもとっても貴重なチャンスに恵まれて本当によかったですね、Raymonnd先生☆

――――――――――――

オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/