こんにちは、オンライン英会話ENC/GNAスタッフです。

2019年度の、そして令和となって初めての英検® 第1回検定の受付は5月9日まで。
今年は長いゴールデンウィークで忘れてしまわないよう、早めのお申し込みをお勧めします☆

さてさて本日は、英検® 1級合格を叶えたK.Nさまの『知りたい!Student』のコーナー後編です。
英検® 1級の受験対策やオンライン英会話での英語学習ののコツなど、しっかりインタビューでお答えいただきました。

前編をまだご覧になっていない方はこちらからご覧ください。


知りたい!Student 英検1級合格のK.Nさま 後編

Q.英検® 1級の受験勉強の大変さは?

1級の大変さは、難易度の高い語彙を覚えることにあります。
特に最初の25問の語彙問題にはネイティブスピーカーでも難しい専門性が高い語彙が数多く含まれています。

文法は一通り習得しておれば、難易度の高い文章でも読みこなすことが出来、一級レベルの学習者では、特に合格するために文法を勉強することは少ないでしょう。
しかし、複雑な文章を正確に早く読みこなすためには難しい単語の意味を知っていなければなりません。
そのために語彙力を挙げておく必要があります。

また、限られた時間の中で効率よく勉強してベストの状態で試験に臨むことが大変だと思います。
私の場合は、この受験で合格しないと来年もう一度トライする時間はないと集中して取り組みました。

単語の勉強には「英検® 1級でる順パス単(旺文社)」を使用しました。
試験まで3ヶ月しかなかったので、でる度Aとでる度Bに集中して取り組みました。
語彙を覚える学習は年齢的にもとても辛かったです。

英検® 1級の単語は難解すぎて役に立たないという人もいますが、私はそうは思いません。
1級の単語が役に立たない事は無いと思います。

――――――

ネイティブスピーカーが難しいレベルの問題を解くって、考えたらすごいことですよね。
語彙が多ければ多いほど会話の内容がつかめてくるのは初心者レベルでも英検® 1級受験レベルでも同じなのですね。

英文内に分からない単語がひとつだけなら、その単語の意味も予測することができますし、私もレッスン以外で自習をするなら、知っている単語を増やすのが一番かなと思います。

Q.英検1級レベルでは日本語力も必要ではないですか?又、準1級と1級の差は大きいですか?

日本語力と言うより、母語話者として日本語能力が確立している必要があります。
また幅広い話題に対応できる知識が必要だと思います。

準1級と1級とでは問題量、単語や文章の難易度に大きな差があります。
1級ではさらに専門性の高い文章を大量に正確に迅速に読む必要があります。
1級の語彙は1万2千語程度、準1級の語彙の倍程度だったかと思います。

試験結果は、1次試験はある程度余裕をもって通過出来ましたが、苦手意識のあった2次試験はギリギリで合格しました。

2次試験では、2人の試験官が各自採点し、2人の点数を合わせて合否が決定されます。

私の場合は、自分の話しやすい話題を選ぶことが出来たのでラッキーでした。
話す経験が少ないところをなんとか知識力でカバー出来たように思います。

ただ流暢に英語が話せることが求められる試験ではなかったので何とかなったのでしょう。

2次試験では課題が多く残りました。
外国語を流暢に間違いなく話すには、スポーツと同じで練習を積み重ねる必要があります。
今後もオンライン英会話で勉強を続けていくつもりです。

――――――

英検® 1級のレベルたるや恐るべしですね!!
1級と準1級でそこまで開きがあるというのは驚きです。

それもそのはず。
そもそも英検® 1級では、相手に伝える発信力と対応力に重きを置いています。
「世界で活躍できる人材の英語力を証明する」というのが目安なので、求められるレベルが高いのも頷けます。

K.Nさまのおっしゃる通り、英語を勉強しただけで終わらせるのではなく、何度も話す訓練が必要ですね。

また、英語レベルが大学中級程度である準1級は、多くの大学受験で優遇措置が受けられますので、英検® 受験をお考えの方は、まずは2級や準1級合格を目指すのがいいかもしれません。

Q.オンライン英会話を利用したきっかけを教えてください。

オンライン英会話 英検対策中

1次試験に合格してからようやく2次試験に取り組み始めたため、短い時間で何をやったらよいのか、2次試験の勉強の仕方に悩みました。
英語を話す経験が乏しく、自分がどのくらい英語を話すことが出来るのかさえ分かりませんでした。

受験対策と言えば、ただ過去問題を読むことくらいしか出来ず、自分一人で「話す」練習をしようとしても、うまくは出来ませんでした。
いたずらに日が過ぎ、最後の1週間になりました。
なんとか効率良く勉強をしなければと考え、オンライン英会話にたどりつきました。

――――――

前編でも少し触れましたが、K.NさまがENC/GNAを見つけてくださったのは、英検® 1級の2次試験対策がきっかけでした。

特に、英検® 1級のように高いレベルでの表現力を求められる二次対策には、対人での学習が不可欠で、特にマンツーマンでのレッスンが効果的です。

Q.オンライン英会話ENC/GNAのレッスンを受講しみていかがでしたでしょうか?

まず、いきなり話すのはハードルが高いので2次模擬試験問題に関し、書き言葉を話し言葉に変えるなど工夫をして英作文をいくつか書きました。


それらを先生に添削していただき、アドバイスを受けました。
すると、自分で話しやすい「パターン」みたいなものが修得されていき、それらを繰り返し練習しました。

すべてのレッスンをプレミアム講師から受講しましたが講師のレベルが高いことに驚きました。

どの先生もそれぞれに良い特徴をお持ちで、それぞれ異なった観点からご指導いただけたことはとても有益でした。
私の場合、話す際にまず日本語が浮かび英語らしい表現がすぐに思いつかないことがあるため、先生方のアドバイスは非常に有効でした。

例えば、Phoebe先生を始め多くの先生が、生徒が話したことを自然で簡潔なまとまりのある英語に言い直してくれます。
頭が整理され、具体的な言い回しを覚えることが出来、良い受験対策となりました。

また、一生懸命時間を計って、良いところ、悪いところを指摘してくれる先生もいました。
ほとんどの講師が必ず参考にすべきフレーズをタイプしてくれました。

受講後、それらをもう一度見直して復習することも出来ました。

――――――

ご自身も中学校で教師をされているからか、学ぶのもとってもお上手ですね!
短い期間で効果を上げられるよう、またご自身のレベルも踏まえて考え抜かれています。
ブラボー!!

また、講師たちのレッスンのよかったところを教えてくださってありがとうございます。
講師たちにも伝えさせていただきます☆

Q.オンライン英会話の英検® 試験対策活用法について

英検対策でオンライン英会話を申し込む人は時間が無い人が多いようです。

1次試験のリスニング対策として、シャドーイングやディクテーション、リプロダクションをすることが2次試験対策にもなります。

その後で、実践的に2次試験の練習するという意味でオンラインの英会話はとても役に立つと思います。

――――――

嬉しいお言葉ありがとうございます。
ご自身が教師であり、実際に英検1級合格を果たしたK.Nさまの考察も、ぜひレッスンに反映させていただきたいと思います。

Q.今後のレッスンについて

今後は一つのテーマについて講師と自分の意見を英語で述べ合い会話力を高めるようなレッスンをしたいと思っています。
フォーラム(グループレッスン)が楽しくて、今後も時間のあるときに回数を増やして活用しようと思っています。

――――――

ENC/GNAでは、マンツーマンレッスンの他に、普段お一人で勉強されている生徒様同士が様々なテーマについて英語でディスカッションできる場所を設けています。

司会として加わる講師1人を含めて最大5人で行われるグループフォーラムでは、共通の話題を通して日本全国及び海外在住の生徒様と、スカイプを通して英語でつながることができます。

グループ内で話す能力も高めることができるので、「そう言えばコースプランについているけどまだやってみたことがない」という皆様にも、ぜひフォーラムをご活用されることをおすすめします。

今回英検® 1級合格を叶えたK.Nさまですが、ますますのステップアップが望めそうですね!

K.Nさま、このたびはインタビューにご協力いただきありがとうございました。
ますます楽しい英会話レッスンをご提供できますよう、講師スタッフともども力を尽くしてまいります。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

本日は、知りたい!Student 英検® 1級合格のK.Nさま 後編をお届けいたしました。

――――――――――――

オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/