こんにちは、オンライン英会話ENC/GNAスタッフです。

来月は令和だ、2020年は東京オリンピックにパラリンピックだと湧きたつ日本ですが、
2020年度はもう一つスタートすることがあります。

そう、小学校5、6年生の教科に英語が加わります。
これまでと違い、正式に英語の成績が通知表に反映されることになるのです。

それに伴い、現在5、6年生が受けている「外国語活動」は対象が3、4年生に引き下げられることとなります。

ますます英語力が当たり前に求められる時代の到来です。
そんな中、こんなニュースが。

栃木県佐野市 県内初、語学教育の担い手育成のため小学教員をフィリピンに派遣へ

<佐野市、小学教員をフィリピンに派遣 英語教科化向け、語学教育の担い手育成>

https://www.tokyo-np.co.jp/article/tochigi/list/201904/CK2019041702000190.html?fbclid=IwAR1BQj_EDeFvbOBL74KLjqZhDbOQW1gRzLVbP-pwsF2HujlwQY9se2GrvHc

小学校教諭の皆さんも指導を行うにあたり、英語力を求められることとなります。
ENC/GNAにも、英語教師で英語指導力を磨きたいという生徒様は結構いらっしゃいます。

ENC/GNAと同じフィリピンの英語学習が、
未来に羽ばたく小学生の皆さんを指導する先生方の、英語指導力のアップに一役買うなんてとても喜ばしいことです☆

母国語ではなく、公用語として英語を学び身につけているフィリピンの先生だからこそ、
英語を学ぶ際にぶつかる壁や、どこでつまづいているかの気づき、英語力がアップしていく喜びなどを分かってくれて、
高い英語指導力を持ちながらも、かゆい所に手が届く、明るく楽しいレッスンができると、私自身は感じています。

佐野市だけではなく、どんどんこういった動きが広まっていくといいですね☆
オンライン英会話ENC/GNAも、頑張る先生方を応援しています!

今日はENC/GNAスタッフの、受験英語Newsでした。