どんなにきれいに発音しても伝わらない。

なぜ?どうして?

――それはその単語が『和製英語』や『外来語』だから。

私たちの生活に溶け込んだ、英語のような日本語。

英語だとすっかり思い込んでいるから、
伝わらないとびっくりしてしまいますね。

日常に潜む『和製英語』、『外来語』を正しい英語で覚えましょう!
本日は「カリスマ」についてご紹介します。

Loro’s ☆ Be careful with 和製英語 vol.23

日本では「カリスマ美容師」や、「フレンチ料理界のカリスマ」のようにとても才能にあふれた人気を集めている今話題の人のことを”charisma”と表現する
ことがありますね。

しかしこの使い方は和製英語。

“charisma”は神から授けられたような圧倒的な魅力のようなものそのものを意味します。

 

Harold先生に“charisma”の使い方について聞いてみました。

Haroid先生 ――――

charisma literally means charm, people easily and quickly “like him or her” very much”can get so much adoration.

like “The beatles had so much charisma.”
“James Bond has charisma.”

――――――――

そこでわいてきた疑問。

“charisma”はどのくらいのレベルの人に対して使っても良い単語なのか」

ビートルズにジェームズボンドは、世界中の誰もが知る人気者です。

ビートルズが溢れる才能で世界中を虜にしたことは、今の若い世代だって知っていますし、007と言えばスパイ映画の代名詞。
演じる俳優はすでに6代目となり、来年も新作が公開予定なのは、ジェームズボンドが誰もを牽きつける魅力にあふれているからですよね。

あまりのビッグネームが例文として挙げられたので、早速Harold先生に尋ねてみたところ、こんな答えが返ってきました。

Haroid先生 ――――

People regard people with charisma with admiration and love and respect.

Like fans who love their idols.

It can be anybody.
It can be a famous person or someone you know personally like a friend.
It can also be for very very cute dogs and cats.

charisma can be used for a hairdresser because it can be used for anybody with any kind of job….

People though Marilyn Monroe wasn’t a very good actress but she definitely has charisma.

Maybe Bill Clinton won another term as president of the USA because of his charisma.

――――――――

Thank you teacher Haroid!

“charisma”は、世界中が認めたという枕詞があるような人に対してだけ使われるわけではなく、あなたの身近な誰かや、わんちゃんやネコちゃんだって使っ
てOK!

崇拝するほどに愛され、尊い誰もに使って良い単語のようです。

忘れてはいけないのは、「カリスマ○○」のように人を指すのが和製英語ということです。

○James Bond has charisma.
×James Bond is a charisma intelligence officer.

正しい“charisma”の使い方は分かりましたか?☆

『和製英語』と『外来語』に気をつけてね☆

 

これまでの和製英語はこちらから☆

 

――――――――――――

オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/