どんなにきれいに発音しても伝わらない。

なぜ?どうして?

――それはその単語が『和製英語』や『外来語』だから。

私たちの生活に溶け込んだ、英語のような日本語。

英語だとすっかり思い込んでいるから、
伝わらないとびっくりしてしまいますね。

日常に潜む『和製英語』、『外来語』を正しい英語で覚えましょう!
本日は「スタイ」についてご紹介します。

Loro’s ☆ Be careful with 和製英語 vol.24

 

スタイ、和製英語

『スタイ』

bib

e.g.f

洗うのが簡単だからシリコンのスタイを強くおすすめするわ。

I highly recommend a silicone bib for easy cleaning.

…….

あかちゃんのよだれかけ、いつの間にか「スタイ」とかっこよく呼ばれるようになりましたね。
よだれかけは英語ではスタイで、日本でもそう呼ばれるようになってきたんだな~なんて思っていたら大間違い。

スタイは1992年に大ヒットした、スウェーデンのベビービョルン社製プラスチックエプロンの商品名なのだそうです。
ちなみにスウェーデン語でよだれかけは“haklapp”です。

英語では“bib”です。
スタイと同じ発音の“sty”は、「ものもらい」とか「豚小屋」という意味です。

Harold先生に日本では“bib”“sty”って呼ばれていることを伝えたら、大笑いしていました。

『和製英語』と『外来語』に気をつけてね☆

 

これまでの和製英語はこちらから☆

 

――――――――――――

オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/