こんにちは、オンライン英会話ENC/GNAスタッフです。

ダバオの元市長ドゥテルテ氏がフィリピンの大統領になってからは、ニュースでもダバオの文字を見かけるようになりましたが、
ENC/GNAで英会話を勉強するまで、ダバオという都市を知らなかったという方々は多いものです。

そんな生徒様方が、講師に会いたいと毎年たくさんダバオを訪れてくださっています。

現地では直接レッスンを受講したり、講師と観光に繰り出したりと、楽しく英会話を実践していただいていますが、
先日、ENC/GNAのある生徒様がダバオのメディアで紹介されました。

今日は、ダバオのローカルテレビでも放送された、生徒様の素敵なお話をご紹介します。

 

3人の親切な女性警察官を探して

2013年の11月から日常英会話コースでレッスンをご受講されている杉山さま。
実はこの春で、ダバオを訪れたのは2回目です。

前回は2015年の8月。

ダバオが一番賑わうお祭り、カダヤワンフェスティバルを観にダバオを訪れました

今回はそのとき助けてくれた3人の女性警官にお礼を言うため、再びダバオを訪れたのでした。
なんでも、パレードのときに、杉山さまがSMモールへ行くべくタクシーが乗り場を警官に尋ねたところ、
その女性警察官達は行き方を説明する代わりに、自分達で費用を負担してタクシーで付き添ってくれただけではなく、
フードコートでランチをご馳走までしてくれたのだとか。
Judy講師がDavao警察へ連絡をし、
「名前はもう分からないけれど、その3人の女性警察官に会って直接お礼が言いたいと言っている人がいる。」と、
杉山さまの話をすると、彼女たちを探し出す努力をすると快く約束してくれたそうです。

――― 3日後

その親切な女性警察官はCalinan警察署から配置されていたChinglee M Dalogdog、Lorna Olorvida、Irene Cenabreの3人だと言うことが分かり、

Kai講師に付き添われ、ついに杉山さまは彼女たちと再会を果たしました。

 

Brigada News Davao
A GOOD DEED UNFORGOTTEN
(その時の様子がBrigada News Davaoのfacebookにも紹介されました。)
https://www.facebook.com/brigadanewsdavao/photos/a.1579146468975942.1073741828.1579108525646403/1944284279128824/? type=3&theater

 

3人は、困っている彼女を助けたい、観光客をおもてなししたいという思いだったそう。
警察の役割の一つである、地域の安心・安全を守る手助けができて幸せに感じていると話してくれたそうです。

Brigada News Davaoでは、
「これからもこのような人間同士で偶然に起こる親切な行動を続けていきましょう。
Davao警察は平穏を守るだけでなく、いつでも救いの手を差し伸べる親切なところであると覚えていてもらえることでしょう。」と、記事は締めくくられています。
前回のダバオでは大変な苦いこともあり苦労されたようですが、彼女たちにお礼が言いたいという一心でダバオへ再訪し、またダバオの人たちの温かさに触れることとなった杉山さまでした。

 

――――――――――――

オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/