今日は英語で部下や同僚にヘルプを出してあげましょう。
いつもなかなか仕事の相談を聞いてあげられてないなぁと思っても、
英語ではなかなかニュアンスがちゃんと伝わるかどうか・・・と足踏みしていませんか?
ひとりで仕事を抱え込んでしまっていたり、
相談が出来なくて笑顔の裏で泣いていたり。
誰かに気付かれないところで必死に頑張っているけれど、
なかなか分かってもらえないって人もいるものです。

もし、そんな仲間がいたら、スマートに助け船を出してあげたいですよね。
では、今週もビジネス英会話フレーズを学んでいきましょう!

―Loro’s Weekly Business English

ビジネス英会話フレーズ して頂けませんか?

I could give you some help.

よかったら相談に乗るわよ。

 

Really? Could you take care of this?

これお願いしてもいいですか?

 

Sure. What else?

もちろんよ。他には何かある?

―Check!

I could ~:
(頼まれれば、してほしければ)~できる

Could you ~ ?:
~して頂けますか?

What else?(Anything else?):
他には?

 

 

やれと言われればできる、
頼んでくれたらできるといったニュアンスを含ませたいときに使えるのが
“I could ~ .”です。

上司として、または同僚でも、
いつでも頼ってほしいと伝えるのに、押しつけがましくなることなく
要望さえあれば手助けが出来る状態だと伝えることが出来ますね。
“Could you ~ ?” は “Can you ~ ?”よりも少し丁寧な表現です。
今回のようにビジネスでの場面の他にも、
さまざまなシチュエーションで使える英会話フレーズです。
“What else?” は Anything else?”でも。
これをさらに丁寧に言うと、
Would you like anything else?となります。
それぞれ学生時代に習ったような簡単な文章ですが、
それぞれ伝えたいニュアンスに沿って、しっかり使い分けが出来るようになりたいですね☆