今日は英語でスケジュールを聞いてみましょう。

主要取引先をまわる?
直帰する?
そのついでに用事を済ます?

英語でなんと言えばいいのでしょうか。
難しい単語が出てくるわけではないのに、
パッと頭に浮かばなかったりするものですよね☆
では、今週のビジネス英会話フレーズを学んでいきましょう!

―Loro’s Weekly Business English

ビジネス英会話フレーズ 直帰

What is your schedule for today?
今日の予定はどうなっていますか。
I’ll visit our three major customers, and go home directly from there.
今日は3社主要取引先をまわって、そのまま直帰します。
By the way, I will send it through Fedex too.
ついでにそれを国際宅配便で送っておきますよ。

―Check!

major customers:
主要取引先

go home directly:
直帰する

by the way:
ついでに
「直帰する」という表現はこちらでも。
go straight home (from there)

straightだとどこにも寄らずに真っすぐ帰る、directlyだと直接帰る、
どちらも同じニュアンスです。

また、「ついでに」の言い方は場面によって様々な言い方があります。

when I have a chanceをつけて、
(できそうだったら)ついでにそれもやっておくよ、

on the way to one’s destination
~に行くついでになど。

by the wayは学校では「ところで」とだけ習った方も多いかもしれませんね。

直帰や、ついでには、日本語だと決まりきった単語で表現されますが、
英語ではたくさんの表現方法があります。
勉強する時も覚える時も、
知りたい表現は辞書の例文までちゃんと引くのがおすすめです。
英単語やイディオムは、そのままを覚えるよりも文章で覚えた方が覚えやすいです。
いろんなシチュエーションでのフレーズをたくさん知ることで、
実際の場面で使える英会話スキルを身につけましょう!