こんにちは、オンライン英会話ENC/GNAスタッフです。

今日はビジネス英会話フレーズのコーナーです。

 

今日は服飾メーカーで交わされている上司と部下の会話です。

 

 

ではビジネス英会話フレーズを学んでいきましょう!

 

 

―Loro’s Business English

 

英語で,振るわない,てこ入れ 31ビジネス英語

__________

 

新しいシリーズふるってないそうだね?

 

I heard, our new line is slack.

 

__________

 

残念ながらそうなんです。てこ入れの必要がありますね。

 

I’m afraid so. We need to prop up.

 

__________

 

 

―Check!

slack:
活気がない、不振である

prop up:
てこ入れする

__________

 

どうも新商品の売れ行きが思わしくない。
そんなとき、社内では次の作戦を考えるべく動き出します。

文章に出てきたslackは「ゆるい、たるむ」などの意味があり、そこから商売や景気などが不振という場面でも使われます。

 

prop upは「(支柱などで)支える」という意味合いです。

そもそも、『てこ入れ』というのは株価の維持をすることを意味していましたが、
そこから転じて今回の例文のように、
思わしくない物事、停滞している状況などを打開すること、さらに手を入れること全般を言うようになりました。

 

日本語では、てこを使って思いものを持ち上げることに擬えて『てこ入れ」ですが、
英語では、『支柱で支える』となっているところもちょっとおもしろいですよね。

こう言った背景を知ると、英語の表現も少し覚えやすくなりますでしょうか?

 

では、今日のロロちゃんのビジネス英会話フレーズはここまで。
See you next time☆

 

過去のビジネス英会話フレーズのコーナーはこちらから。

__________

 

算数を英語で学ぶ-サカモトメソッド」コース

英語脳論理的思考を磨く夏の短期集中講座『算数を英語で学ぶ サカモトメソッドコース』好評受付中!

英語学習ビギナーの就学前の幼児、小学生、中学生、高校、大学生から社会人まで、楽しんでいただけます。

脳トレのため数独などを一生懸命取り組まれているシルバー世代のみなさまにもおすすめです☆

 

詳しくはこちらから。

 

 

――――――――――――

オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/