こんにちは。
オンライン英会話ENC/GNAのY事務局長です。

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

昨年は皆様にとってどんな年でしたか?
2015年は飛躍の年にしたいものですね。

さて、わたしのお正月は神戸新開地で恒例の名画鑑賞をしました。
昨年はイタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」と「ビューティフルライフ」。
すばらしい映画のラインナップ。

 

今年はインドとイギリス映画「マダムインニューヨーク」と「サンシャイン 歌声が響く街」。

50歳を迎え、少しクールダウンした私には、
「サンシャイン 歌声が響く街」の恋愛ミュージカルは正直少し退屈でした。
しかし「マダムインニューヨーク」はすばらしい映画の幕開けでした。

マダムインニューヨーク

主演のインド映画大女優「シュリデヴィ」は映画公開時なんと50歳。
母なる大地をイメージするような豊かなスタイルから、
醸し出す成熟した女性の色っぽさは美しい以外の表現ができません。

ストーリーは古風で田舎育ちの主人公(主婦シャシ)が
夫や娘にまで英語ができないことにより軽蔑されるのですが、
姪っ子の結婚式でニューヨークへ単身訪れることをきっかけに、
4週間でマスターできる英会話学校へ通うことで自分自身の自信と尊厳を取り戻すそんなお話です。
インド映画ならではのハッピーエンドストーリー。

女性の尊厳を踏みにじる悲惨なニュースが絶えないこの世の中。
すでに「マダムインニューヨーク」をご覧になった方の中には、
シャシに自分らしく生きる力をもらったなんて方も多いかもしれません。

これから英会話を学ぼうとする特に主婦の方にお勧めの映画ですのでぜひご覧ください。

オンライン英会話ENC/GNAに4週間で英語をマスターするコースはありませんが、
映画に出てくるようなすばらしい講師と仲間はたくさんいます。

今日は映画で結婚する姪(Meera)と新郎(Kevin)へ
主人公シャシが贈った英語のスピーチです。

(映画観た人はぜひお読みください)
This marriage is a beautiful thing.
It is the most special friendship.
Friendship of two people who are equal.
Life is a long journey.
Meera, sometimes you will feel you are less.
Kevin, sometimes you will also feel you are less than Meera.
Try to help each other to feel equal.
It will be nice. Sometimes…
Married couple don’t even know how the other is feeling.
So… how they will help the other?
It means marriage is finished?
No. That is the time you have to help yourself.
Nobody can help you better than you.
If you do that… you will return back feeling equal.
Your friendship will return back…
Your life will be beautiful.

Meera… Kevin… Maybe you’ll very busy…
but have family… son… daughter.
In this big world… your small little world, it will make you feel so good.
Family… family can never be… never be… never be judgemental!
Family will never… put you down… will never make you feel small.
Family is the only one who will never laugh at your weaknesses.
Family is the only place where you will always get love and respect.
That’s all Meera and Kevin… I wish you all the best. Thank you.

(和訳)
「結婚は素晴らしいもの。
それは最も特別な友情。
なぜなら対等な者同士の友情だから。

人生は長い旅。
時には相手より劣っていると感じる時があるかもしれない。
そんな時は、お互いに助け合って、
対等と感じるようにすること。
そうすれば大丈夫。

時には、相手の気持ちがわからなくなるもの。
助け合う方法も見失う。
それは結婚の終わり?
いいえ、違う。
そんなときこそ、自分で自分を助ける時。
自分を大切にすることは、
あなた自身が一番うまくできるはず。
それができれば、再び、
相手と対等だと感じられるようになる。
友情関係が戻ってくる。
人生が輝き出す!

忙しいでしょうが、
家族をもうけてね。息子や娘を。
この広い世界の中で、
小さくてもとても大切なあなたたち家族の世界を、
とてもいいものよ。家族は…。

家族は、あなたを決して決めつけたり、
傷つけたり、
引け目を感じさせたりしない。
あなたの弱みを笑わないのは、家族だけ。
家族だけは、愛と敬意を与えてくれる。

末永く、お幸せに。ありがとう…。」

映画ってほんとうに素晴らしいですね。
では皆様次回までサヨナラ サヨナラ。