どんなにきれいに発音しても伝わらない。

なぜ?どうして?

――それはその単語が『和製英語』だから。
私たちの生活に溶け込んだ、英語のような日本語。

英語だとすっかり思い込んでいるから、
伝わらないとびっくりしてしまいますね。
日常に潜む『和製英語』を正しい英語で覚えましょう!
今日は「サイン」、「シャープペンシル」、「ノースリーブ」の3つです。

Loro’s ☆ Be careful with 和製英語 vol.6

 

和製英語7 サイン シャープペンシル ノースリーブ

『サイン』

autograph, signature
e.g.

アンジェリーナ・ジョリーのサインをもらったよ!

I got the Angelina’s autograph!

サインは必要ですか?

Is a signature necessary?
日本人の言うサインは、英語だと”autograph”か”signature”にあたります。
“autograph”は、有名人などが書いてくれるサイン。

“signature”は、書類などに書くサイン(署名)のイメージです。
――――――――――

『シャープペンシル』

lead pencil, mechanical pencil

e.g.

シャーペン部屋に忘れちゃった。

I left my lead penci in my room.

シャープペンシルは、先のとがったペンや、SHARPのペン?のような印象を与えてしまいます。
単に”pencil”で通じたりもするようです。

ちなみに、シャープペンシルの芯は”pencil leads”です。
――――――――――

『ノースリーブ』

sleeveless

e.g.

彼女はよくノースリーブのブラウスを着ているわ。

She often wears a sleeveless blouse.
幅広く浸透している「ノースリーブ」も実は和製英語で、正しくは”sleeveless”です。

「ノースリーブ」も通じないことはないですが、海外でお買い物をするときのためにも、正式な名称を覚えたいところです。
さて、英語だとばかり思っていたのに…という単語がありましたか?
『和製英語』に気をつけてね☆