こんにちは!オンライン英会話ENC/GNAスタッフです。

明日24日は、「土用丑の日」ですね。
今年は夏の土用丑の日が2回もあるそうで、8月5日も土用丑の日なのだそうです。

みなさん金曜日の食卓にはうなぎが並ぶのでしょうか。

 

土用丑の日にはなぜ鰻?

夏の土用丑の日が近づくと、「土用丑の日はうなぎを食べて精をつけましょう!」と、至る所でうなぎの文字を目にしますね。

しかし、夏のイメージが強いうなぎの旬は、実は冬だとご存じでしたか?

一説によると、旬ではないうなぎの売り上げが夏には落ちてしまうという悩みを聞いた平賀源内が、

丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしないという習わしから、
『本日土用丑の日』という謳い文句を考案し、いつしか「土用丑の日はうなぎを食べる日」という風習が定着したのだとか。
なんとなんと、江戸時代のマーケティングの成果が現代に続いていたのです。
平賀源内マルチな才能をお持ちだったのですね☆

 

英語で土用丑の日?

レッスンのはじめやフリートークの時に、季節がらうなぎの話をする方も多いかもしれませんね。
土用丑の日の風習は日本だけのもの。土用丑の日に対する英単語はもちろんありません。

そもそもうなぎを食べる習慣がない国もあります。

そんなときは、単語ひとつで伝えようとするのではなく、うまく英語で意味を伝えてみてください。
自分が英英辞書になったつもりで、説明してみましょう。

日本独自のものを英語で紹介するのは、実は英会話を勉強する上でとてもためになります。

土用丑の日 うなぎ

英語を話している時、英単語が分からないときは必ずありますが、
そこで黙ってしまうのではなく、なんとか伝える癖をつけることで実力がついてゆきます。
さらに、異文化交流の中で相手の文化を知りたいという気持ちがより一層学習意欲を高め、
他の国を知ることで日本を知ることにも。
今回なんとなく染みついていた「土用丑の日うなぎを食べる」という文化も、
英語で講師に説明したいから調べてみたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

うなぎ屋さんも英語対応?

先日、地元福岡に帰った際に、数年ぶりに家族でお気に入りのうなぎ屋さんへ足を運びました。
改装されてきれいになったうなぎ屋さんには、なんと英語のメニューが!

うなぎ 英語メニュー

明治6年創業の、昔から地元の人に愛されているうなぎ屋さんにも、海外からのお客様が来ているのですね。
ホームページでも英語メニューが見られるようになっていました。

土用丑の日 うなぎ 英語メニュー

日本独自のお料理を英語でする場合、調理法やどんな味かを説明するとイメージがわきやすいですね。
ちなみに、福岡出身スタッフのお気に入りのうなぎ屋さんはこちらでした。
福岡で海外の方をうなぎ屋さんへご案内される方がいらっしゃいましたら、おすすめです☆

博多名代 吉塚うなぎ屋
http://yoshizukaunagi.com/

092-271-0700
福岡市博多区中洲2丁目8番27号
午前11時~午後9時(ラストオーダー 午後8時30分)
毎週水曜日定休

―――――――――――
オンライン英会話ENC/GNA
フリーコール 0800-111-9987
お問い合わせフォーム
http://www.english-gna.net/contact/